大阪駅直結エリア情報サイト

取り組み事例

低炭素社会の実現

SDGs7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」の課題に対し、大阪ステーションシティでは環境配慮型機器の導入や自然エネルギーの活用、広場の緑化を推進し、施設全体におけるCO2の削減に努めています。

おおさか気候変動対策賞(特別賞)の受賞(2022年3月)

  • 温室効果ガスの排出量の削減実績と大阪府が定める重点対策項目の取り組み状況が評価されました。

1.環境配慮型機器の導入(省エネ型電源設備・氷蓄熱システムなど)

環境配慮型機器には、電気接続のロスが飛躍的に軽減される電源設備や夜間の安い料金の電気を利用して氷を作り、冷房需要が増加する昼間に稼働しコストを圧縮する氷蓄熱システムなどを導入しています。

2.自然エネルギーの活用

太陽光発電、風力発電

「天空の農園」には、風力発電システム・ソーラー発電システムが設置されています。また「南ゲート広場」や「時空の広場」にはエコ発電情報表示板も設置し、発電量を具体的にご覧いただけるようになっています。

自然光の活用

大阪駅のドーム屋根はトップライトを採用し、昼間の照明の節電を行っています。また、駅通路の誘導標式は蓄光タイルを使用し、明るい時に光を蓄え、暗くなると自らの力で発光します。

3.緑化の推進

広場の緑化

大阪ステーションシティでは、広場にたくさんの緑を配置し、景観を向上して居心地の良さを演出するとともに、植物の持つ蒸散効果を利用してヒートアイランド現象を緩和しています。

SEGES「都市のオアシス」に認定(2015年3月)

  • 各広場での四季の草花植替、天空の農園での野菜作りなどが、「公開性・安全性・環境への配慮」に優れ、都市における貴重な環境資源として評価されました。

    *SEGES(Social and Environmental Green Evaluation System)
    公益財団法人都市緑化機構による社会環境貢献緑化評価システム

みどりのまちづくり賞(ランドスケープマネジメント部門)の受賞(2015年11月)

  • 駅広場等の公益的な空間、商業施設などの敷地において、適切に維持、管理され、地域の良好な緑づくりに貢献している活動や事業が評価されました。

広場の植物の様子を、大阪ステーションシティ グリーンスタッフの公式インスタグラムにてご紹介しています。
@osc_greenstaff

循環型社会の実現

SDGs12「つくる責任つかう責任」の課題に対し、大阪ステーションシティでは関係法令や大阪市条例に基づき、各店、施設から排出される廃棄物の分別徹底により、再資源化促進を図ることで、リサイクルされない最終処分廃棄量の削減に努めています。また、雨水を再利用した環境保全も行っています。

1.廃棄物の計量とリサイクル

各店、施設からでた廃棄物は分別された品目ごとに計量を行い、品目ごとに削減量を確認しています。また、品目ごとに分別された廃棄物は、可能な限り、リサイクルにまわします。食品ごみについても、肥料や燃料に生まれ変わります。

2.雨水の再利用

大阪駅のドーム屋根やノースゲートビルディング、サウスゲートビルディングの屋上に降った雨水を地下の貯水槽に貯め、駅や両ビルのトイレ用水として利用しています。

大阪ステーションシティ内の施設・店舗の取り組み

ルクア大阪

ベーグル&ベーグル(ルクアB1F)

フードシェアリングサービス「TABETE」 を活用し、まだまだ美味しく食べられるのに「捨てざるを得ない危機」にある食べ物を「本日のベーグル5個詰め合わせ」680円(税込み)として「美味しく」「お得」に販売し、食品ロスの削減に努めています。
ベーグル&ベーグル

ニーマルイチラボ(ルクア イーレ4F)

ルームフレグランスオイルを250mlから100ml単位で専用ボトルに入れて量り売りしています。空になったボトルは、次回のご購入時に店頭へお持ちいただくと、そのボトルにオイルを再度充填してお渡ししており、ごみの削減につながる取り組みをしています。小さなことを、できることから。無理・無駄のない循環型の販売方法を実施しています。
ニーマルイチラボ

ラグタグ(ルクア イーレ7F)

ブランド古着の販売・買取を行い、価値のある洋服を大切に循環させながら、ファッションを楽しむ幅広い選択肢を提案しています。
ラグタグ

85[ハチゴウ](ルクア イーレ4F)

発酵をキーワードに6つの基準(発酵、オーガニック、天然素材、無添加、エシカル、タイムレス)によりセレクトされた商品で、環境に配慮した衣食住、暮らしに関わる“もの・こと”を提案致します。天然醸造のお味噌の量り売りとカフェ感覚で楽しめるお味噌汁サービス、お酒とぬか漬けをペアリングで楽しめるサービスの他、殺菌・消臭効果のある酸性水と界面活性・洗浄効果のあるアルカリ水をルクアカード会員様に無料提供しております。水と塩から作られる、人の身体にも自然にも優しい電解水です。85[ハチゴウ]は、生活における健康や環境負荷軽減への取組みを積極的に行っております。
85[ハチゴウ]

スタイルテーブル(ルクア イーレ4F)

「エシカル・サスティナブル・ヴィーガン」をテーマにコスメ・インナーケア・フード・雑貨を取り揃え、店頭では、それぞれの商品がエシカル消費にどう繋がっているかを、ジャパンメイド、オーガニック成分配合、気候危機対応、プラスチックフリー、ヴィーガン、フェアトレード、天然由来成分配合の7つのテーマで表現し、エシカル消費の実現に貢献しています。
スタイルテーブル

グローサ オーガニック(ルクア イーレ2F)

オーガニック野菜や合成保存料不使用の食材を販売し、環境負荷軽減に貢献するとともに、作り手の方々へも正当な報酬を届け、作る人・食べる人のお互いが豊かに、地域社会が元気になるような持続可能な社会の実現に寄与しています。
グローサオーガニック

魚屋スタンドふじ子(バルチカB2F)

国産の割箸で作った「カッコいい大人の割箸」をお客様に1本20円(税込み)で購入頂き、店内での食事の際に使用頂くことで、収益の一部を日本で貧困に苦しむ子どもたちの支援に寄付、日本における人工林問題解決に寄与しています。
魚屋スタンドふじ子

大阪ステーションシティ 総合クリニック

大阪ステーションシティ総合クリニックでは、LED照明の導入やスタッフのマイバッグ持参を推進し、省エネルギー活動やCO2削減に取り組んでいます。
大阪ステーションシティ総合クリニック

コナミスポーツクラブ

コナミスポーツクラブでは、ECO温度基準の設定やLED照明の導入、水道使用量の低減などCO2削減や省エネルギー活動に取り組んでいます。
コナミ

ホテルグランヴィア大阪

JR西日本ホテルズのSDGs目標の取り組みの一つとして、ホテルグランヴィア大阪では、1Fティーラウンジにてフードシェアリングサービス「TABETE」を活用し、食品ロス削減に努めています。
※「TABETE」は、まだおいしく安全に食べられるのに、店頭では売り切るのが難しい食事をレスキュー(購入)できるサービスです。
JR西日本ホテルズ

サポートプラザ

JTBトラベルゲート大阪梅田

社内資料のペーパーレス化やパンフレットのデジタル化など紙の削減に努めています。また、お客様へお渡しする手提げを廃止し、マイバッグ持参の呼びかけを行うなどCO2削減の取り組を行っています。
JTB

  1. 大阪ステーションシティ ホーム
  2. 取り組み事例