プロジェクト概要

コンセプト

交流とひらめきがカタチになる場所交流とひらめきがカタチになる場所

2024年秋、大阪ステーションシティにJR大阪駅の直上、新しい改札口と直結する圧倒的な利便性の高さを誇る新しい駅ビルが誕生します。
この大阪駅新ビルは、多様化するワークスタイルにしなやかに対応するビジネス機能を持つオフィスエリアと、飲食店舗を中心とする商業エリアなどで構成されます。さらに、交流とひらめきにより、新たな価値観をカタチにできる場を整備する予定です。

コンセプトイメージ





ロケーション

生まれ変わる
JR大阪駅西側の玄関口に
新たなワークプレイスが誕生

生まれ変わるJR大阪駅西側の玄関口に
新たなワークプレイスが誕生

ロケーションイメージ

ロケーションイメージ

※掲載の画像は最新のものではありません。





施設構成

施設構成イメージ施設構成イメージ施設構成イメージ
6階、9階〜22階

独立性と利便性を両立させた
オフィスエリア

独立性と利便性を両立させたオフィスエリア

  • オフィスエリアの独立性を高めるため、6階にオフィスロビーを設置
  • オフィスエリアの各フロアへは、シャトルエレベーターと低層、中層、高層の3バンクに分かれたエレベーターでスムーズにアクセス
img04

オフィスサポート機能

オフィスワーカーの日常をサポートする物販やカフェ機能を整備する予定です。
3階〜5階

オフィスワーカーが憩える
飲食店舗を中心とする商業エリア

多様なニーズに対応する「呑む・食べる・出逢う・繋がる・集まる」をキーワードに、賑わいのある新しい商空間を提案

img05
朝食からランチ、ディナーまで、様々なシーンでご利用いただけるお店を集積させる予定です。