こんにちは、グリーンスタッフの堀家です。
本日は吹田慈姑(すいたくわい)を収穫しましたので、ご報告です☆
**
まず「なにわの伝統野菜」とは…
大阪市では、100年以上前から大阪市内で栽培され、大阪の農業と食文化を支えてきた歴史と伝統をもつ野菜を「なにわの伝統野菜」として認証しています。
**
現在ノースゲートビルディング14階天空の農園では、「なにわの伝統野菜」のうち↓大阪しろなや、
DSC_0332
↓金時人参を
DSC_0331 - コピー
育てています。
本日収穫した吹田慈姑(すいたくわい)も「なにわの伝統野菜」です。
その成長をさっと振り返ってみましょう。
**
4月19日
水田横に設置した深さ50センチ程の鉢の中に、種イモとなる慈姑(くわい)を4つ植えた直後の様子です。
初めての慈姑(くわい)作りスタート!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

**
4月29日
芽が出て、青々とした元気な葉が伸びてきました。
0429吹田くわい
0429吹田くわい (2)
矢じり型の葉がかわいい♪
**
6月11日の様子
0611吹田くわい
地上では葉が生い茂り、土中では地下茎がどんどん下に伸びています。
**
調べると開花時期は8月~9月となっていますが、ここでは夏から初秋にかけて白い小さな花を見ることができました。
DSC_11279月1日
DSC_145810月9日
**
秋が深まり寒くなると葉が枯れ始めます。
成長期に土中で伸びた地下茎は、秋になるとその先端部がふくらみ塊茎(かいけい)を作ります。
お正月のお節料理に登場する慈姑(くわい)はこの塊茎(かいけい)の部分です。
「一株から約10~15個程度の塊茎が収穫できます。」とありますが…実際はどうでしょうか…
**
本日12月17日
収穫スタートです。
20181217_132441
優しく泥をかき分け、
20181217_132708
かき分け、
こちら第一吹田慈姑(すいたくわい)です!!
じゃーーーん!
20181217_132726
あれ、ちっちゃくない?
よくお節料理に出てくる慈姑(くわい)より、やや小振りかなという印象。
収穫班スタッフに聞くと少し小振りな品種だそうで、納得。
でもちょっと小さ目かな。
20181217_134117
結構深い鉢の下まで根を伸ばしていました。
なんとこんなに太い根も発掘されましたよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最終収穫数は…
20181217_134946
どうでしょう!
20181217_135244
大小合わせて57個。
4つの種イモから57個。
立派です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
**
只今天空の農園では赤い野菜、白い野菜、紫の野菜など見どころ満載です!
DSC_0325
DSC_0327
DSC_0320
DSC_0322
DSC_0321
DSC_0313
今月初めの異例の暖かさの影響でしょうか。
フキノトウも出てきています。
DSC_0315
DSC_0317
ぜひ冬の農園もお楽しみください^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※コメントは管理者の承認制のため、即時には反映されません。