こんにちは、グリーンスタッフの堀家です。
11月の冬の植替えで仲間入りした植物が、そろそろそろそろ咲く準備が整い始めましたのでご紹介します♪
場所はノースゲートビルディング12階の花壇です。
20180108_095948
↓マーカーしているこの辺り。
20180108_095948 - コピー
11月26日には、こんな様子のフキタンポポ。
DSC_1246
中国~ヨーロッパが原産のキク科で多年草の植物。
(別名:カントウ、コルツフット)
日本には明治時代中期頃に伝わり、タンポポのような花と蕗に似た葉を持つことから植物学者の牧野富太郎博士によって和名「フキタンポポ」と命名された山野草です。
***************************************************
最近になってようやく蕾がふくらみ、色付き始めました。
こちらは本日8日午前中の様子です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

蕗のような葉は、花の後にでてくるそうです。
20180108_095830
花後はタンポポのような綿毛もご覧いただけます♪
開花時期は1~3月とされていますが、いつ咲くのかな~☆
お楽しみになさっていてください^^
ユキワリソウと同じ時期に咲くようであれば、とっても華やかな花壇をご覧いただけます。