こんにちは、グリーンスタッフの山口です。

日曜日、((>△<;生憎の雨ですが…素敵な週末をお過ごしでしょうか?
さて、今日は桜情報をお届けします♪

場所はこちら↑、ノースゲートビル10階の和らぎの庭です。
この風景、1度来られた方はお分かりになりますか?
そう、時空の広場からの長ーいエスカレーターを乗り継ぎ、10階に着いた正面の景色です♪

暖かかったこの数日で、シダレザクラが開花しています!

お天気のおかげか、儚く白っぽいお花に写っていますが、本当はもっと濃いピンク色です。



4月に入ってすぐに満開を迎えてそうでしょうか。

3本あるうちの、真ん中の子の1本はまだまだ…↓

3本とも一斉に開花!ではないので、少し長く楽しめそうです^^

天気予報によれば、30日と31日はお天気が良さそうなので、お花見日和になればいいな☆

こんにちは、グリーンスタッフです。

 

 

今日は、ノースゲートビル11階風の広場より、花壇のご案内です。

現在、こちらの花壇では菜の花がお楽しみいただけます。
この菜の花は、『花いっぱいまちづくりプロジェクト』の一環で、大阪市立中津小学校と扇町小学校の小学生が育ててくれました♪
一週間前に植えたのですが、今ちょうど見頃を迎えています。




近くに寄ると、甘ーい香りに包まれます^^
私の個人的な意見ですが…ビタミンカラーの黄色って、やっぱり春の色ですね!
見ていると、元気が出てきます。

 

こちらの花壇は、3月30日頃までお楽しみいただけます。
元気が欲しいなぁーという方は是非!、お天気の良い日に遊びに来てみてください♪

こんにちは。グリーンスタッフの佐藤です。

今週に入ってから急に気温も上がって、暖かい日が続いていますね。

農園のサクランボ、アンズの花も一気に咲き始めましたよ!

時々、メジロもやってきています(◎◇◎)

みなさんも是非、この時期に農園でのお花見を楽しんで下さいね(*^^*)

 

そして、先月の追肥以降、大麦たちもぐんぐん生長しています!

(3/3に撮影↓)

(その10日後の、3/13に撮影↓)

背丈を測ってみると、30cmほどありました!

毎日ぐんぐん伸びてます!

所々、他より生長の遅い部分もあり、そこだけ密度が薄く心配しましたが、隣の背高チームに追いつこうと、じわじわと頑張って伸びているのが日々観察していると分かります。

がんばれ!!

今月末には、2回目の追肥(ごはん)をあげる予定です。

次にお知らせできる頃には、どのくらいの背丈になっているか楽しみです。

 

 


こんにちは、グリーンスタッフの山口です。
雪が、舞っていますね^^;
こんなに寒くなるなんて…植物達もびっくりしているかもしれません((. .

今回はノースゲートビル14階・天空の農園より、お花便りです。

こちら、農園の北側でも、春を告げるお花が咲き始めました。

うつむき加減で咲いているのは、サクランボウのお花。


お花の後の、実の時期も楽しめます!

 

サクランボウのお隣のアンズも咲き始めました。


今にも咲き出しそうな蕾がたくさんついています。

 

ミモザもついに!ちらほらと開花!!

先日まで固かった蕾が、ほわんほわんと開き始めました。
ミモザファンの方々、もうすぐ見頃です!

 

農園のお花情報ではありませんが、南側にはキンカンが生っています。

ぶらぶら~ゆらゆら~

 

寒暖の差が激く、また年度末間近ということもあり、お忙しい毎日をお過ごしの皆様。
どうかご自愛ください(*′ⅴ`*)


今日から3月!
今月もたくさんの植物に出会えますように♪
こんにちは、グリーンスタッフの山口です。

今回は、ノースゲートビル12階花壇より、小さな小さなお花の紹介です。
この時期になると、毎年ご紹介させていただいているのですが…今年もあの子が咲いています!!

場所はこちら↓

こちらの花壇は、11階風の広場から14階の天空の農園へと続く階段の、ちょうど12階にてご覧いただけます。

え?緑ばっかりじゃない?と思われますが、よく見ると…↓



ひっそりと儚く佇んでいるのは、今年で3年目を迎える雪割草です。
スタッフ一押しのこちらのお花は、雪解けの季節に小さな愛らしい花を咲かせ、その姿がまるで雪を割って花を咲かせる様に見えるため、雪割草(ユキワリソウ)と呼ばれています。
新潟の草花としても認定されており、愛好家の方がいたりと何かと人気のお花です。
調べてみると、花言葉は文献によって違いますが、「あなたを信じます」「信頼」「期待」「内緒」「優雅」「高貴」「自信」「和解」と、色々ありました。
風の広場までお越しの際は、こちらの花壇も覗いて見てください♪

14階天空の農園では、また一つ春の気配が訪れています。

チューリップや菜の花に気を取られているうちに、アンズの蕾がこんなにもふっくらと。

こちらのミモザはまだ固い蕾のままですが、農園を訪れるお客様が写真を撮られている姿を、よく目にします^^
「好きなんです!!」とおっしゃるミモザファンのお客様、結構いらっしゃるんですね。


先月末頃から、天空の農園の多くの区画は、次のお野菜を植える準備の為の土のメンテナンスをしています。
お野菜少ないの?つまらなーい!!というお声も聞こえそうですが((′△`;
例えお野菜が少なくても、農園のゲートではフレンチラベンダーが元気いっぱいに咲いており、樹木の蕾がふくらんだり、と小さな発見とのんびりとした時間を過ごせますよ☆

こんにちは、グリーンスタッフの山本です(^-^)/

んー、なんだかもやもやしたお天気…

花粉や黄砂が心配な季節になってきましたね(>_<;)

グリーンスタッフの何人かも、早くも鼻がぐずぐずいっております。

そんな中ですが、本日、南ゲート広場の花壇に「菜の花」を植えました!!

明るい黄色が、目をひきます♪

こちら、植え替えの様子 ↓↓

毎年、どこからかミツバチ君たちがやってくるのですが、

一生懸命に花の蜜を採る、その姿がまたかわいいんですよね~(*^-^*)

今年もきてくれるかな。それがちょっと楽しみです☆

完成した花壇は、ぜひみなさんの目でご覧になってくださいね(^ ^)/

こんにちは。グリーンスタッフの佐藤です。

大阪ステーションシティ10階の和らぎの庭では、梅の花が見頃を迎えていますが、農園では只今、サクランボとアンズの蕾がぷくぷくと膨らみ始めていますよ。

春はもうそこまで来ていますね☆

 

2/15(日)大麦に1回目の追肥を行いました。

この日は、普段は畑作業よりもお花の作業を中心にしているスタッフにお手伝いしてもらいました。

まず、麦の株元を少し手で掘って溝を作ります。

そして、肥料をパラパラとまきます。

まき終わったら、土を戻して蓋をして終了です。

作業自体は割と簡単にできました。

寒い時期に種をまいて、重たい土を押しのけて発芽して、3回も踏まれ、今やっとご飯をもらった感じです。

この栄養を摂って、ぐんぐんと大きくなってね!

今日のスタッフの会話。

「これは何と言う麦?」

「六条(ろくじょう)大麦」

「ほー、極上(ごくじょう)大麦!!極上か~!」

 

と聞き間違えて感心していました(*>△<*)

でも、なんだかイイな。極上大麦。

この際、六条ではなく「極上大麦」ということにして、大事に育てていきたいと思います。

聞き間違えも「良い聞き間違え」だと、なんだか楽しくなります。

また来月にも追肥を行う予定です。

その頃には気候も今よりもっと春らしくなってるでしょうね。

 

 

 


こんにちは、グリーンスタッフの山口です。
油断した頃にきた寒の戻りも落ち着いたようで、雲が多いものの、少しホッとできる気温になりましたね。
今日は祝日ということもあり、広場も平日よりも多くのお客様にご利用いただいています^^

 

ノースゲートビル10階和らぎの庭の梅は、蕾がほころび始め2週間経っています。
5階・時空の広場からのロングエスカレーターから降りると、その濃いピンク色が空色に映え、パッと目につくようになってきました。

 

 

続いてノースゲートビル14階・天空の農園より。

1~3月は他の時期に比べ、土のメンテナンスをしている区画や寒冷紗がかかっている区画が増え、一見地味な印象ですが、よく見ると植物達はすくすくと生長しています。
今回は、一部のお野菜のご紹介です。

さて、これはなんのお野菜でしょう??

高さは150cmくらいでしょうか?

しゅっと伸ばせば、きっと私の身長と同じくらいになると思います。

正解は、なにわ野菜の金時にんじんです!
この1本だけ収穫せず、お花を見るために残しているんです。
どんなお花が咲くのか楽しみ~

 

 


こちらは、スイスチャード。
和名をフダンソウ(不断草)といい、赤・黄・桃色・黄緑・白などがあり、そのカラフルな彩りが特徴で、幼葉はベビーリーフとしてサラダなどに使われます。
最近では、スーパーで売られているのを見た方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 


こちらは、寒さで美味しさが増すタアサイ。
キサラギナ(如月菜)とも呼ばれる中国野菜です。
油炒めや汁物に入れたり煮炊きしてもおいしいそうです。

 

 


クルンクルンとしたツルがかわいいツタンカーメン。
こちらのエンドウ豆は、古代エジプトのツタンカーメン王のお墓から出土した豆の子孫だといわれています。
こちらのマメゾーンには、ツタンカーメンも合わせて4種類のマメ達が育っています。

 

 


きちんと整列しているチンゲンサイ^^

 


ギザギザとした軟らかな葉と、わさびに似たピリッとした辛みが特徴の、ワサビナ。
九州の在来種カラシナから生まれた品種だそうです。
サラダに使ったり、サンドイッチに入れてアクセントにしてもおいしいそうです。

 

 


近江野菜の日野菜カブがニョキニョキ。
あんなに小さかった芽達が、こんなに立派に…((′∀ ‵
お漬物は有名ですが、生でサラダとして、また天ぷらや温野菜として食べてもおいしいそうです。

以上、お野菜のご紹介でした。


こんにちは、グリーンスタッフの山口です!

 

今回は、ノースゲートビル11階・風の広場より花壇のご紹介です☆
サウスゲートビル1階・南ゲート広場に続き、こちらの花壇でもチューリップをお楽しみいただけます。


色とりどりのピンクのお花達♪
先週にはまだ黄緑色だったチューリップの蕾は、この10日程で赤くふっくらと色付いてきました。


まだまだ寒い中、もう春??と思ってしまう程の華やかさです。
お買い物の合間や映画を観た帰りに、お立ち寄りください^^

 

今日2月3日は、節分。
2015年に入り、なんだかいまいちだなぁ…って方も、季節の分かれ目である今日を境に、良い1年になる程大切な日だそうですね。
少し前までそんな重要な日だとは知らず、ただただ太巻きを食べ、家族で豆まきをする日だと思っていました><;)))
その太巻きを食べる習慣も、大阪が発祥だと伝えられていることも、先程知りました((;′∀‵
今年の恵方は、西南西やや右だそうです。
やや右って、難しい…

 

今日も安寧な1日となりますように♪

こんにちは。グリーンスタッフの佐藤です。

毎日寒い日が続いていますね。今日は雪がちらほら降りました。

約1か月ぶりのむぎ日記です。

大麦たちはこんな寒い中でも順調に育っていますよ!

緑がさらに広がってきました。

1/29、3回目の麦踏を行いました。

麦踏は先月に2回、今月に1回行ったので、今回で終わりです。

前回告知していましたが(お待たせしました)、麦踏をする理由を簡単に説明しますね。

 

麦を踏むことで、麦が水分を吸い上げる力が弱まるため、麦体内の水分量が低くなり、耐寒性・耐乾性が強化されます。また、霜柱が土を持ち上げて根を傷めることを防ぐ効果もあります。

それから、葉や茎を折り曲げたり、傷がつく時に、「エチレン」という植物ホルモンが発生し、根や茎葉の分けつを促進させて、根がしっかりと張り、茎が太く強くなります。傷ついたことで、その傷を治そうとする治癒力が丈夫な麦への生長を促すそうです。そうして太った茎は風で倒れにくくなり、強い麦になるのです。

麦踏というと、漫画「はだしのゲン」の中で、父親が子供たちに言うセリフ、「踏まれても踏まれても真っ直ぐ伸びる麦になれ!」を思い出す方も多いのだとか。

麦のように強くたくましく。

私たちグリーンスタッフも、そうありたいものです。

 

↓麦踏から、2日後のむぎの様子。

もう立ち上がっています。

見ているとなんだか元気のもらえる麦。

よかったら皆様も寒さに負けず、麦たちに会いに農園までお越しくださいませ!