こんにちは。グリーンスタッフの佐藤です。

再び寒波がやってきていますね(>_<)

本日は風が大変強く、農園も閉鎖になってしまいました。

こんな日はこちらのブログで畑の様子をお楽しみくださいませ(^^)/

1204桜島大根① 0103田辺大根

今日は、先日収穫した伝統野菜を2種類ご紹介します!

まずはこちら。鹿児島県代表「桜島大根」です。ででん!!

0118桜島大根①

こちらはまだ小ぶりな方ですが、重さはずっしり3.4㎏ありました。

まるで子どもを抱えているかのよう。

そして、根っこに注目して見ると、、、先端の細い根が巻き付いているような、、、

0118桜島大根②

土を水で洗い流して見てみましょう。

0118桜島大根③

やっぱり。巻いております。ふむふむ。

 

続いて、大阪府代表「田辺大根」

IMG_3868

まだ葉っぱだけのものから適正サイズまで、大小さまざまな形で収穫できました。

こちらは今回限りのチャレンジ区画「自然栽培チャレンジ区画」で固定種の種、無肥料・無農薬でチャレンジしてみた結果、このような育ち方になりました。

まるで皆で相談して、あるいは競い合って、誰が先に大きくなるかを決めてきたかのようです。

同時期に一斉に収穫の時期を迎えてしまえば、万が一天災に見舞われたり、野生の動物に食べられてしまった場合、一気に全滅してしまいます。

成長にばらつきがあれば、そのような状況が起きたとしても、まだ次のちびっこが大きくなります。

種という子孫を残すための、植物たちの知恵なのです。

IMG_3876

↑綺麗です☆

IMG_3872 IMG_3873

↑今にも走りだしそうな格好から、タコかイカのようなお姿まで。

IMG_3871

そしてこちらも、あら?根が巻いています。

 

12/23に開催されました収穫イベント『わなげでGET!いろいろ根菜』の時の、野菜クイズで出題していた【 問題3 】畑の中の大根やニンジンは夜になったら何をしている? の答え通りです!!!
答えはこちら↓
「ニンジンや大根といった根菜類は土の中を時計回り(右回転)しながら、少しずつ成長しています。
そのため、抜く時には反対の左に回しながら抜くと抜きやすいそうです。」

本当に回っていたのね(*@v@*)

目撃できて良かったです。

 

桜島大根はまだ一株は畑におります。

田辺大根は二株、桜島大根のお隣に移植しました。

春になれば、綺麗な大根のお花が見られる予定です。

是非、そちらもお楽しみに☆