こんにちは。グリーンスタッフの佐藤です。

またまた、お久しぶりの「さとう工場」です。

いよいよ、砂糖の製造工程に入ります。

18 19

のこぎりで節を落として皮を剥き、ミキサーで砕きやすいように細く切ります。

20 21

ミキサーに入れて砕きます。

22 23

砕いた後に、布巾に包んで絞ると、甘い汁が抽出できます。

24 25 26 27

自力作業のため、全部絞った後は手が真っ赤。知らない間に手にマメができていました。

28

絞りかすは、さらさらとしています。

29 38

絞った汁をさらに布巾で濾して繊維を取り除きます。

30 31

綺麗な緑がかった、甘い汁が出来上がりました。

32

この汁をボールに入れて、湯を張った鍋に入れ水分を飛ばしていきます。

33

時々混ぜながら。

このくらいの量の汁の水分を飛ばすのに約30~40分かかります。

34

汁気がだいぶ飛んできた頃、よく混ぜ続けると一気に結晶化していきます。

35

さらにゴムベラをスプーンに持ち替えてこすりつけるようにして水分を飛ばしていくと、いよいよ砂糖の姿が現れました!!

36 37

うっすらと黄色みがかった色をしています。

この作業を冬の間、時間を見つけてはコツコツと行っていきました。

結構根気のいる作業でした(@_@)

とても上品な優しい味わいのお砂糖が出来上がりました☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※コメントは管理者の承認制のため、即時には反映されません。