こんにちは。初めまして!

グリーンスタッフの佐藤です。

日に日に寒くなりますね。

冬の農園は大根やニンジンなどの根菜類が、寒さに負けず、もりもりと生長中です。

水菜やチンゲンサイなどの葉物野菜も、小さかった芽がすくすくと育ち、その姿が分かるくらいになってきましたよ!

そんな中、まだかな?まだかな?と待ち望んだお豆さんたちが、最近、ひょっこりと頭を出してきました!

今日から、このブログにて、お豆さんたちの生長日記を紹介していこうと思います。

よろしくお願いします。

今年は、ウスイエンドウ、スナップエンドウ、ツタンカーメン、ソラマメの4種類のお豆さんたちを育てていきます。

はじめはこんな小さな芽です。

こちらは葉っぱが出始めました。

ウスイエンドウも、スナップエンドウも、ツタンカーメンも、芽の姿はほとんど同じです。

このお豆さんたちは、農園の中では、寒さや風よけのためのネットをかぶせた中にいます。

ソラマメは畑に直接ではなく、ポットに種まきをして、バックヤードと呼ばれる植物の養生をしている場所で現在育苗中です。

こちらもようやく芽が出てきました。

もう少し大きくなったら、畑にデビューです。

これから、どんな生長をしていくのか、みなさんも一緒に見守ってくださいね。

立派なお豆さんになるよう、私もがんばってお世話をしていきます。

それでは、次回のまめ日記で。